レイクやプロミスで増額融資を申し込もう

誰でも、カードローンを利用するうちに「もう少し、利用可能額がアップしたら…」「追加融資を受けたい」と、希望を持たれる筈です。

 

新生銀行のカードローンレイクでは、コツコツと返済を続けていれば、増枠がスムーズに行われる事が多いです。カードローンの利用開始から、最短でも半年は時間が必要ですが、毎回コツコツと返して行けば、必ず枠を増やしてもらえるでしょう。ペースは10万円づつの増枠が多いと思いますが、あらかじめ収入証明書を提出しておき、毎月きちんと返済+余裕がある時には、追加返済をコツコツ繰り返しておきます。

 

こうすれば、信頼を得て、必ずレイクやプロミスの増額が認められる事になるでしょう。しかし毎回、電話で「増枠出来ますか?」と聞くのは、恥ずかしいと感じるかも知れません…。そんな時はぜひ、レイクの「会員専用サイト」にアクセスしてみましょう。

 

会員サイトのコンテンツには「増枠可能かどうか?」というページがあり、いつでも好きな時に自分の増枠の可能性を調べる事が出来るのです。ここで「増枠可能です」と表示が出たのであれば、すぐに追加融資を申し込んでみて下さい。ただし、50万円以上や100万円以上の貸付けを希望する場合は、再審査が必要な事もあります。この間に会社を辞めたり、休職する、住所を変わったのに黙っていたというような事があれば、審査する側にマイナスイメージを与える事となるでしょう。追加融資を行うのも良いですが、再審査で引っ掛からないよう、必要な書類等をしっかり準備しておくようにしましょう。

銀行でのローン比較、どれだけ理想に近くなるか

お金を借りることに慣れている人でも、慣れていない人でも、まとまったお金が必要であれば、誰でも銀行などでローン等を利用しますよね。
このローンの利用に関してですが、自分の持っている口座のある銀行で済ませてしまおう、というふうに考える人が多いみたいです。
でもはたしてそれで良いのでしょうか?もっと上手に利用出来るのではないでしょうか?

というお話しです。確かに自分の口座を持っている銀行ならば、安心感というものがあるので、同銀行で手っ取り早く済ませたい、という気持ちも分からなくは、ないのですが・・・ちゃんとローン自体の比較をしていないのは、あまり得策ではないと思われます。
簡単に言うと、要はもっと良い条件のローンがあるのでは?ということです。

他銀行のローンでもそこの銀行口座を持っていなくても、ローンを利用出来る可能性は大きいです。つまり簡単に選んで利用出来ると言う意味になります。利用する用途別のローンの金利などもちゃんと他銀行と比べれば、差が出てくるのがよく分かると思います。
最低でも金利比較をするべきでしょう。

他銀行でも同じ用途別ローンは大抵存在します。しかも銀行のローンは普通でもランナップが充実しているので、比較する対象も増えると思います。面倒に感じても、それを比較してみれば利息面も含めての返済額が違ってくるものです。フリーローンも必要であれば、殆んどの銀行が対応しているので利用出来ますし、一石二鳥でしょう。簡単に決めずに念の為比較して理想に近づけることも重要です。